1月16日の台湾の総統選挙では民進党の蔡英文候補が勝利しました。また、同時に行われた立法院(議会)の選挙でも民進党が議会の過半数の議席を得ました――こんな書き出しだと、ぜんぜんガジェットの話題っぽくないでしょうか。でも、僕はいま、セキュリティの話をしているのです。
 台湾の国民党が中国にすり寄る政策をとっていて、僕はとっても不安でした。このまま肥大化する中華人民共和国、いや中国共産党に台湾が飲み込まれてしまうのではないかと。中国は民主的な国ではないので、有事の際には企業に国が関与してきます。破壊工作やIT機器を活用したスパイ活動だって仕掛けてくるかもしれません。そういう意味で、LenovoやHUAWEIのPCや通信機器はいまひとつ安心して使えないのです(ThinkPad持ってますけど)。
 台湾の民進党、蔡英文政権は中国共産党と距離を置いてくれそうなので、Shuttle やASUSを今までより少し買いやすい気分になりました。あくまで私の感覚的な問題ですが。
 セキュリティが心配なら国産買えって話ですか。国産に良いのがないジャンルもあるじゃないですか。たとえば、下記のは私、欲しいですよ。国産でこれに類するいいものあります?

Shuttle INC.の静音PC

Asustekの2in1タブレット


Comments are closed.

Post Navigation