東芝 1TB HDD/2チューナー搭載 3D対応ブルーレイレコーダーTOSHIBA REGZA レグザブルーレイ DBR-Z620

 要らないと思うんだけどな――というのはブルーレイレコーダーのことです。私は家にある録画機能つきテレビREGZA Z1だけで十分だと思っているのですが、配偶者は円盤に焼いて整理したいというのです。
 とりあえず、候補はレグザブルーレイ DBR-Z620です。私は反対していますが、円盤をセットしてエクササイズしたりしたいし、私の録画したコンテンツ(アニメが多い)をハードディスクから排除したいのですと。
 マジですか? どうせ、バラエティ番組の録画が増えるだけじゃないんですか、と思うのですが、まあもうしばらく様子をみます。
 円盤焼きたい熱がおさまってくれるとありがたいのだけど。
 というわけで、購入に至るようなことがあれば、このページは続きます。今日のところはここまでです。ではでは。

 全世代的にテレビ離れが進んでいるといいますけど、本当にそうでしょうか?
 自分はテレビがけっこう好きなので、お風呂でもテレビ観れたらいいなあと思ってます。
 お風呂でテレビは庶民の夢ではないでしょうかね。
 今回、お風呂テレビとか、ポータブルテレビとかを調べてみたのですけど、安いものはよくないみたいですね。
 Amazon で2014年1月4日現在、ポータブルテレビのジャンルでベストセラー1位をとっているのがPanasonic ポータブル地上デジタルテレビ 防水タイプ ピュアホワイト SV-ME7000-Wという機種です。
 ちょっとお高いんですが、売れ筋はこれなんですね。
 「お部屋ジャンプリンク」に対応して、無線LANユニット内蔵。お持ちのディーガなど対応機器で録画した番組や、放送転送でBS/110度CS放送も楽しめるとのこと。※接続にはルーターなど無線LAN環境が必要になります。
 すでにパナソニックのテレビやチューナーをお持ちならこれ良さそうですよ。

 うちはTOSHIBA の REGZA Z1 とDLNA 対応のNAS しかないので、対応しているか確認中です。
 庶民の夢、実現したいなあ。

 家電業界では常識かもしれないですが、驚いたので記事にしちゃいます。
 ブルーレイディスク搭載テレビはドライブが壊れる前提で作ってあるそうです。
 実家では購入後2回壊れて交換しています。
 何年か使っているとドライブが壊れるから、簡単にブルーレイのドライブの部品交換ができるようになっており、部品在庫もちゃんとあるんだとか。
 昔あった「テレビデオ」等は壊れたら、悲惨な感じになっていましたが、それに比べればよいサポート体制ですね。
 でも、実は私はそうは思わないのですよ。なぜ、すぐに壊れるようなものを家電に仕込むんだよと。
 USB接続の外付けハードディスクのほうが息が長いんじゃないかと思います。修理じゃなくて交換でいけますからダウンタイム(故障で使えない時間)が短いなとも思います。
 これ、私がブルーレイに書き出すのとかが面倒な人だからそう思うんでしょうね。
 USBもやがて滅びるでしょうから、滅びの瞬間までどちらが優位かはわかりません。