自宅のウォシュレットのリモコンに、「電池ないですよ」マークがつくようになり交換しました。
 ぱっと見た感じでは電池の蓋もなく、交換の仕方がまったく分からかったので、ネットで検索。

  1. まず、リモコン全体を上方向に押し上げ、壁に固定しているホルダーから分離
  2. リモコンの裏側の電池蓋を開けて、単三電池3本を交換
  3. 再びホルダーに差し込んで壁に固定

交換作業をしている動画がありました。下記をご覧ください。

 分かってしまえば簡単ですが、リモコンへの給電は壁面から100Vが行ってて、時計のバックアップ用のボタン電池を交換しろってことかな、と思ってたんで、パカっとリモコン全体が外れて、単三電池を交換するのに驚いてしまいました。完全にワイヤレスなんですね。カッコいい!

 ウォシュレットは世界に誇る日本の文化です。うちは引っ越してきたときリフォームで後付してます。
 もし、まだ付けていないなら、あなたのお家のトイレにもひとつどうですか? クール・ジャパンですよ。冬は温かいお湯が出るけど。TOTOさん以外の洗ってくれる便座もありますね。




Comments are closed.

Post Navigation