僕が持っているKindle Fire HD 8.9 のOSはFire OSです。これは、Androind をベースにしてAmazon がカスタマイズを加えたもの。
 Kindle Fire HD 8.9は以前から使っているiPad2 に比べて不安定で、頻繁にアプリが応答しなくなります。silkという標準WEBブラウザも動かなくなったりするレベルですから、けっこう酷いなと思います。

 Androidの作法なのでしょうか、インターフェイスの統一感もいまひとつで、どこを触ったらいいのか困ることも多いです。スリープしたときいちいち側面の復帰用ボタンを探し当てて(隣にボリューム調整ボタンがあり、手探りでの区別はつきにくい)押すのですが、この作法はぜんぜんユーザフレンドリーではありません。スイッチつきの純正のカバーをつけても、カバーを開けているときスリープすると、いったんカバーを閉めて開き直す動作が必要ですから、やっぱり面倒だったりします(使ってみるまで実感できなかった部分です)。

 このあたり、iPad2 に限らずiOS機器は、とりあえず目立つ位置につけてあるホームボタンを押せばなんとかなるんですよね。触ってわかるようになっているし、触りやすい位置にあります。iOS機器は操作感が統一されているので、迷わなくていいなと思います。

 どうしてもKindle Fire HD 8.9 の悪口になってしまいます。悪いものは悪いので仕方ないんですが…。残念。


Comments are closed.

Post Navigation