今日からWindows 8 の販売が始まりました。
 昨日と世界が変わったのにお気づきでしょうか?
 昨日までは、ディスプレイとキーボードとマウスの時代でした。
 今日からは、タッチパネルとキーボードとマウスの時代です。何も知らずにバージョンアップしたおっさんが「Windows8にしたのにタッチパネルになんねぇじゃねえかよ、金返せ。それかタッチパネルディスプレイよこせ!」と家電量販店の店員に怒鳴りつける時代なのです。
Windows 8 は私たちの常識を超えた経験をもたらすOSです。素人のおっさんにも、タッチパネルの必要性を直感的に理解させるインターフェイス。そう直感的にです。これは今までのWindowsには欠けていた部分でした。
 Windows 8 はおっさんに今まで購入を検討したこともなかったタッチパネル液晶を購入させるかもしれません。すばらしい買い替え需要です。触っても反応しないディスプレイなんて、今日からはガラクタです。
 Appleがこの秋発表したデスクトップ機にタッチパネルを備えたものはありません。あれだけ薄い iMac ですが、ただ薄いだけで指で触っても反応しません。Appleは薄さ、小ささをよしとするかつての日本の家電メーカーと同じ病気にかかっています。それは素晴らしい改良ですが、破壊的なイノベーションではありません。世界を変えるものではないのです。Windows8がやろうとしているのが世界の改変です。
「21インチのタッチパネルついたPCとかあるんだけど、手が疲れるでしょ、それ」としたり顔で古参のWindows使いは言います。
 しかし、初めてMac OSを触り、角ばった1つボタンのマウスをグリグリしたとき「キーボードだけあればいいのに、この機械、意味あるんですか?」と思わなかったでしょうか。あまりに新しい体験は、否定するところから始まるのです。意味ねえと。しかし、否定しきれずしだいに馴染んでいきます。タッチパネル操作が本当に嫌いなら、そこいらにあるマウスを繋ぐだけですぐ使えるので、深刻な問題ではないことにも気づきましょう。
 Windows8 のインターフェイスは、永年の師であるApple のOSXを凌駕しました。気持ち悪いくらい新しいです。否定したいぐらい新しいです。
 いま、私はタッチパネル液晶を買いたいと思っているのです。Windows8が私の意識を変え始めているのを感じます。


Comments are closed.

Post Navigation